クラシック音楽、歴史上作曲家アーティスト別
試聴CDファイル

無料ファイル

入口  >  リスト  > ヴェルディ

ヴェルディ アイーダ バルビローリ コベントガーデン王立歌劇場管

■ヴェルディ アイーダ

カラス(アイーダ)
バウム(ラダメス)
シミオナート(アムネリス)
ワルタース(アモナスロ)
ネリ(ランフィス)
ランドン(ファラオ)
サザーランド(巫女)
コベントガーデン王立歌劇場合唱団

バルビローリ コベントガーデン王立歌劇場管 53年

第1幕1  第1幕2  第1幕3  第1幕4  第1幕5  第1幕6
 第1幕7  第1幕8  第1幕9  第1幕10  第1幕11
第2幕1  第2幕2  第2幕3  第2幕4  第2幕5  第2幕6  第2幕7
 第2幕8  第2幕9  第2幕10  第2幕11  第2幕12  第2幕13
第3幕1  第3幕2  第3幕3  第3幕4  第3幕5  第3幕6  第3幕7
第4幕1  第4幕2  第4幕3  第4幕4
 第4幕5  第4幕6  第4幕7  第4幕8

バルビローリは、祖父と父がミラノ・スカラ座のバイオリニストとして、オテロの初演に立ち会ったことをたいへん誇りに思っていて、ようやく自身のオテロのレコーディングが叶った時にはうれしさのあまり、自らライナーノーツを寄せたほどだった。バルビローリは、他にも少ないながらオペラの正規録音を残していて、そのすべてが驚愕の出来栄えなので、あまりレコーディングに恵まれなかったのはレコード芸術の歴史にとって不幸なことだったといわなければならない。このライブ録音がさらにその思いを強めるのは決してその優れた内容のみによるのではない。ヴェルディのアイーダという作品は名盤に恵まれていないといわれる。全体として完成度の高いものを作るのは難しいということである。それで作品自体の欠陥を指摘されることもあり、こういうことを素人が聴いたら「ああ、そういうものなのか」と単純に思ってしまうものである。しかしどうだろう。本作に聴かれるジョン・バルビローリ、マリア・カラス、ジュリエッタ・シミオナートら最高のキャスティングで行われたこのコベントガーデン王立歌劇場ライブは、すざまじい熱気と共に余すところなく作品の魅力を伝えていて、何の不足もないように思われる。ましてや、作品に欠陥があるなどとは全く感じられない。ここには確かにライブならではの気配が宿っており、この演奏の価値をさらに高めているが、それでも正規で録音を残してくれていたらと悔やまれてならない。この作品は、トスカニーニやセラフィンも残しているので、無ければないで「まあ、いいか」と思えなくもなさそうだが、どうしてもそう思えないほどの特別な、神聖とさえいえるほどの求心力が宿っている。すでに極めつくされた至芸が激しく衝突して巨大な爆発のようにうねり、スピーカーから今にも火花が飛び散ってきそうな、そんな迫力に満ちている。