クラシック音楽、歴史上作曲家アーティスト別
試聴CDファイル

無料ファイル

入口  >  リスト  > マーラー

マーラー 交響曲第5番 第4楽章アダージェット ワルター ウィーン・フィル

■マーラー 交響曲第5番 第4楽章アダージェット

ワルター ウィーン・フィル 38年

第4楽章

こういう弦楽器の美しい曲だから、弦そのものについて考えてみよう。今はスチール素材にかわってしまったが、この演奏が行われた時代は動物の腸を加工して使っていた。そのためだろう、金属的な響きはしない。音はなめらかでコクがあり美しい。ナチス・ドイツは、ヒトラーの演説の声を魅力的に拡声するために、音響設備の開発に国家予算を投じていた。その技術の進歩の恩恵が、この録音に反映されていることを喜んでいいのかわからないが、天然素材の質感がより美しく収録されたのは、今となっては貴重なものとなってしまった。マーラーの弟子であり、ウィーン宮廷歌劇場時代には共に働いたブルーノ・ワルターによる直系の演奏を繊細な弦楽器の音を備えるこのヨーロッパ屈指の楽団によって残されたものを聴くのは、失われたものも多かった混乱の20世紀にあって、何かの裏側に転がっていた金細工の小さな玉手箱が出てきた時のように貴い見つけものだ。